​おぢか島って?

 小値賀島(おぢかじま)は、九州本土から西へ約50キロメートル離れた五島列島の北部にある島です。

全島が長崎県北松浦郡小値賀町に属する。

 五島列島の北部、宇久島と中通島の間に位置する。

一般的には五島列島に含められることが多いが、長崎県では平戸諸島の一部としている。

 島の東には野崎島、六島があるほか、島の周辺には納島、斑島、薮路木島、大島、宇々島、黒島、小黒島など大小17の島々が点在する火山諸島です。このうち斑島と黒島は小値賀島から橋で結ばれている。

 小値賀本島は海中火山の噴火によってできた比較的平坦な島で、小値賀火山島群では最大の島にあたる。かつては島の中央が浅い海となって東西2つの島に分かれていたが、1334年に干拓が行われて一続きの島となった。

%E3%81%8A%E3%81%A2%E3%81%8B%E3%83%9E%E3%

 小値賀町は人口2,400人ほどの小さな島ですが、手付かずの雄大な自然や海岸美が認められ、1955年に西海国立公園の一部に指定されました。

 その美しい自然は年月を越えても維持され、懐かしい日本の原風景が残る島として2009年に「日本で最も美しい村」にも選ばれています。

柿の浜ビーチ1.jpg
​柿の浜海水浴場
五両だき.jpg
五両だき
路地裏.JPG
​路地裏
管内図-0001.jpg
赤浜海岸.jpg
​赤浜海岸
姫の松原.jpg
​姫の松原
神嶋神社.jpg
​地ノ神嶋神社

​ そして、2018年に小値賀町内の「野崎島の集落」が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の一部として、

ユネスコの世界遺産に登録されました。

DCGM6118.JPG
旧野首教会.JPG
​ 旧野首教会 
IMG_1181.JPG
旧​野崎集落跡
⑨旧舟森集落2.jpg
旧​舟森集落跡
EKZP9752.JPG
​野首海岸
野生のニホンジカ.JPG
​野生のニホンジカ
HQKHE8642.JPG

野崎島ガイド

ダイバー限定

大人¥2,750(税込)

子供¥1,650(税込)

*町営渡船運賃往復込み

​*荒れた道を歩きます。運動靴でご参加ください。

「野崎島」の自然にふれるトレッキングガイドツアー。

野崎集落や野生の鹿が群れる赤茶けた大地、高台から眺める白砂の海岸など、なかなか目にすることのない風景が広がります。

旧野首教会にもご案内します。